07

05

コメント

ひこぼし・おりひめが出会いました!




もうすぐ、七夕ですが皆さんはお願い事を短冊に書いたでしょうか!?

私も書きましたよ~

願い事は秘密ですが・・・

皆さん、七夕のお話憶えてますか?


『七夕伝説・おりひめとひこぼし』
     =中国の伝説=
 
■天の川の東の宮殿(きゅうでん)に、ひとりの美しい娘が住んでいました。天帝(天をつかさどる神)の子でしたが、父のいいつけで、毎日毎日、明けても暮れても、"はた(布をおる機械)"を織っていました。彼女の名前は織女(しょくじょ:おりひめのこと)といいました。
織女の織る布は、雲や霧(きり)のように薄く、むらさきいろをした布で、着物にすれば、雨や雪にもぬれず、真冬に着れば、綿も入っていないのに暖かく、真夏にきれば、風がなくてもすずしいという素晴らしい布だったのです。
織女は、毎日この布をおりつづけ、女の子らしく着飾ったり、化粧をしたり、髪の毛をきれいにとかしたりといったこともしませんでした。これには、さすがに、きびしい父もかわいそうに思い、天の川の西に住む牽牛(けんぎゅう:ひこぼしのこと)によめいりさせることにしました。
すると織女は、こんどは結婚の楽しさに夢中になってしまい、父の言いつけを放り出して、毎日鏡の前で化粧をしたり、髪をとかすようになりました。
父である天帝は、とうとう腹をたてて、織女をむりやり宮殿へ連れ戻しました。そして、1年に1回、7月7日の夜にだけ、天の川をわたって、夫の牽牛に会いに行くことをゆるしたのです。


★上の動画は検索してたら出てきました。

京阪(大阪)の私市駅では毎年7月7日にひこぼし(準急)・おりひめ(K特急)が出会います。
普通は、ひこぼしは平日の夕方運行。おりひめは、平日の朝運行ですが、7月7日だけ特別です。





関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ken313.blog50.fc2.com/tb.php/684-21fde28d

ソーシャルブックマーク

スポンサー

プロフィール

ケンボー

Author:ケンボー
ケンボーのブログへようこそ!
ソーシャルメディアを使い情報を発信していきます。

ケンボーFacebookページは話題数で日本一になりました!
https://www.facebook.com/ken803s

Warakasu | わらかすバイラルメディアも更新中!
http://warakasu.com/

LINE

ケンボーのLINEもよろしくね!
友だち追加数

facebook

twitter

Google+ページ

楽天でお買いもの

amazonでお買いもの

Amazon

おすすめサイト

Instagram

ブログ内検索

Designed by

Ad