--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ken313.blog50.fc2.com/tb.php/1586-e31d5b85

02

13

コメント

関東地方 14日大雪の予報です。注意しましょう!

2:14天気


関東地方は、明日14日〜15日にかけて大雪になりそうです。

気象庁で注意をよびかけています。
大雪と強風及び高波気象情報:関東甲信地方






[防災事項]
<大雪・大雨>
低気圧の接近に伴って、14日から15日にかけて関東甲信地方の広い範囲で雪が降り、関東地方の山沿いや甲信地方を中心に大雪となる見込みです。関東地方の平野部でも積雪となり、大雪となるおそれがあります。
14日から15日にかけて、大雪による交通障害に警戒し、路面の凍結や着雪、なだれに注意してください。また、関東地方の沿岸部や伊豆諸島では大雨のおそれもあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意してください。

<強風・高波>
発達する低気圧の影響で15日には、関東地方の沿岸部や伊豆諸島で非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる見込みです。
15日は関東地方の沿岸部や伊豆諸島では、強風や高波に注意・警戒が必要です。









こんなツイートもありました。
ほんと大雪になりそうです。
みなさん、注意しましょうね。



【推奨される対応】

大雪に備える

降雪により交通障害のおそれ
気象の警報や注意報などに注意を払い、鉄道の運行情報、道路の規制情報などを確認しておきましょう。鉄道の運転見合わせや道路の通行止めの可能性もあるため、余裕をもって行動する計画を立 てましょう。

水・食料・燃料・常用薬品の備え
交通障害により買い物や病院に行けないおそれがあります。事前に飲食料の備えや暖房用燃料を確保しておきましょう。

ライフラインに影響も
電線に湿った雪が付着して、その重みで電線が切れたりする電線着雪や、水道管の凍結、破裂などにより、電気や水道、ガス、電話などに大きな被害が出るおそれがあります。それぞれの問い合わ せ先を事前に確認しておきましょう。また、懐中電灯や水、燃料などの備蓄もしておきましょう。

転倒を防ぐ雪道の歩き方
雪道を歩くときは小さな歩幅で重心を前にして、足の裏全体を路面につける感じで歩きましょう。滑りそうな道かどうかを判断することも重要です。

換気不足に注意
室内でストーブなどの暖房機具を長時間にわたって使用していると、酸素がなくなり、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒になることがあります。 冬場はこまめに換気しましょう。屋外の自動車のマフラーが雪で埋まっているのに気が付かず、エンジンをかけ続けたところ、車内にガスが逆流して一酸化炭素中毒になる事故も起きており、注意が必要です。

雪崩への注意
雪崩には表層雪崩と全層雪崩があり、それぞれ発生する条件が異なります。 表層雪崩は気温が低いとき、古い雪の上に数十mの大雪が降ったときに新雪が滑り落ちて発生します。雪崩による死者の9割はこのタイプです。全層雪崩は曇りや雨の暖かい日に積雪と地面との間に隙間ができて水が流れ、積雪全体が滑り落ちて発生します。

雪庇の崩落に注意
家の軒先や山の尾根などの端からひさしのようにせり出した雪を「雪庇(せっぴ)」といいます。大量の降雪や吹雪により、雪が次々と付着して大きく発達したものです。支えがなく宙づりになっ ており、一気に崩れ落ちる危険性があります。また、誤って上に乗ると大きな事故につながるため注意が必要です。

自動車の事故
降雪地域では除雪などにより路肩への雪の堆積があるため、自動車からは歩行者が、歩行者からは自動車が見えにくくなる状況になるため、運転手、歩行者とも注意するようにしましょう。また、 自動車はブレーキをかけてから停車するまでの距離が長くなるため、通常より車間距離を確保して運転する必要があります。

除雪作業の転落事故
屋根の上で除雪をするときは必ず命綱をつけ、滑りづらい靴で作業しましょう。また、一人で除雪作業をするのは危険です。軒下の安全確保や事故が起きたときのためにも必ず複数で作業しましょ う。

除雪作業中の落雪事故
住宅の屋根上の積雪は落ちてくるおそれがあり、ひさしの下に立ち入るのは危険です。雪庇のように時間が経ち、硬く重くなった雪の衝撃力は1m四方の塊で300kgにもなります。また、埋もれれば>そう簡単に は抜け出せません。

除雪作業中の事故
河川やマンホールなどへ雪を捨てることは、転落事故や住宅への浸水を引き起こすおそれがあります。また、水路や側溝が雪に覆われて隠されていることもありますので、転落に注意しましょう。 除雪機を使用するときは、機械に巻き込まれないように周囲の安全確認を十分にして下さい。












関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ken313.blog50.fc2.com/tb.php/1586-e31d5b85

ソーシャルブックマーク

スポンサー

プロフィール

ケンボー

Author:ケンボー
ケンボーのブログへようこそ!
ソーシャルメディアを使い情報を発信していきます。

ケンボーFacebookページは話題数で日本一になりました!
https://www.facebook.com/ken803s

Warakasu | わらかすバイラルメディアも更新中!
http://warakasu.com/

LINE

ケンボーのLINEもよろしくね!
友だち追加数

facebook

twitter

Google+ページ

楽天でお買いもの

amazonでお買いもの

Amazon

おすすめサイト

Instagram

ブログ内検索

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。